岡山(総社)の美容院オブジェ(OBJE'T)のオフィシャルホームページ

Blog

光老化を体の内側から対策!食べる紫外線ケア

2018年7月27日

マメ知識

日差しが強くなってきた今日この頃。紫外線対策に励んでいる人も多いのではないでしょうか?紫外線ケアでおろそかになりがちなのが、頭皮への対策です。今年の夏は体の中から紫外線ケアで頭皮を労わってしてみませんか♡

ケア

そもそも紫外線対策が必要なワケ

太陽光の強い春から夏の時期に、多くの女性が行っている紫外線ケア。ひと昔前までは、体の健康法として日光浴が勧められていた時代もありましたが、近年では紫外線対策をすることが大切という時代になりましたね。ここで、どうして紫外線対策が必要なのか気になる人もいるのではないでしょうか?

実は紫外線を浴びると、肌の老化がぐんと早まります。太陽光を浴び続けることによって起こる肌の老化は、光老化といわれています。鏡をふとのぞいたときに、肌のシミ・シワ・たるみにショックを受けることってありますよね。

ここで注意したいのが、肌の老化が起きている=頭皮にも影響があるということ。艶やかでコシのある髪の毛は、健康な頭皮が必須になります。

空

光老化のメカニズムは?

紫外線による光老化は、肌細胞のDNAやコラーゲンが壊されることで起こります。もうひとつが、あまり知られていませんが、光を浴びたときに発生する活性酸素によるものです。体のサビともいわれる活性酸素ですが、紫外線によって肌が炎症を起こすことで蓄積されるんです。

髪の毛や頭皮も紫外線によってダメージを受けるものの、とりあえずは生えてきますよね。一方、肌が紫外線によってダメージを受けると、シミやシワを完全に元に戻すことは難しくなります。

顔の肌と頭皮は一枚の皮でつながっているので、できれば一緒にケアするのがベスト☆あとで後悔しないためにも、日頃からしっかり紫外線対策をすることが大切です!

体の内側からできる紫外線対策

紫外線対策というと、日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったりなど、すでに皆さんも頑張って行っているでしょう。もうひとつ、OBJE’T(オブジェ)のスタッフが皆さんにおすすめしたいのが、体の内側から紫外線ケアをすることです♪

体の内側からできる紫外線対策とは、ズバリ抗酸化作用のある食べ物を食べること!抗酸化作用とは、体の中で発生した活性酸素を除去してくれる作用です。抗酸化作用のある栄養素を取れば、紫外線によるダメージを減らすことが期待できます。

ここでは具体的にどんな栄養素が紫外線に効果的なのか紹介しますね♡

栄養素① カロテノイド

カロテノイドはいわゆるビタミンAのこと。トマトやにんじんなどに含まれる赤い色素のことです。カロテノイドはまさに活性酸素を除去する働きがあるので、積極的に取りましょう♡

野菜

栄養素② プロアントシアニジン

強力な抗酸化作用があるといわれるプロアントシアニジン。あまり聞いたことのない名前ですが、ポリフェノールの一種で、シミの予防にも〇。プロアントシアニジンは、ブドウ・リンゴ・ビワ・クランベリーなどに含まれています♡

まとめ

紫外線を浴びて起こる肌や髪のトラブルは、光老化も影響しています。日焼け止めなどの紫外線対策だけでなく、抗酸化作用のある食べ物を食べて、体の内側から紫外線ケアを行うようにしましょう。

オブジェからオススメ♡

オブジェは、お客様の髪や肌を1番に考えた上で、お客様のライフスタイルに合わせた 美容アイテムのみを提供させていただいております。夏に向けて、髪のUVケアが気になる方はぜひ、スタッフまで何でもご相談ください♡

2018年夏のUVケアはコレで決まり☆オススメ美容アイテム3選

Shop List