岡山(総社)の美容院オブジェ(OBJE'T)のオフィシャルホームページ

Blog

夏のUVケア。SPFの目安は?日焼け止めの選び方や使い方のコツをご紹介♪

2018年7月27日

マメ知識

夏のUVカットに有効な日焼け止め。毎日のケアに日焼け止めを使用している人も多いのではないでしょうか?最近では、さまざまな日焼け止めの商品があり、どれにしようか迷ってしまいますよね。そこで今回は、日焼け止めの選び方のポイントについて紹介します☆

紫外線対策

日焼け止めのPAやSPFの意味は?

日焼け止めを選ぶときに、目に入るのがPAやSPFといった表示。+の数や数字が大きい方がUVカ
PAやSPFは次のような意味があります♪

  • PA →シミ・シワ・たるみの原因となるUVAを防ぐ効果を表すもの
  • SPF →シミ・日焼けの原因となるUVBを防ぐ効果を表すもの

日焼け止めのSPFは高いほどいい?

いざ日焼け止めを買うときに、なるべくUVカットが強い方がいいと思って、SPF50の商品を買う人も多いのではないでしょうか?

迷う人

実はあまり知られていませんが、SPF30とSPF50では、UVカット率にそれほど大きい差はありません。さら、驚くべきことは、日焼け止めを使ってもUVカット率は100%ではないということ。

日焼け止めを塗っても、肌が黒くなることがあるのは、このためなんですね。日焼け止めが必要なときは、帽子やサングラスなども一緒に使うようにしましょう♪

ちなみに、UVカット率の高い日焼け止めほど、肌への負担もかかります。季節やシーンによって、適切な日焼け止めを使うのがおススメです♡

日焼け止めの正しい使い方

毎日の生活の中で、日焼け止めを使っている人は多いと思いますが、正しく使えている人は少ないかもしれません。ここでは、日焼け止めの使い方のポイントについてご説明します。

塗る量は気持ち多めに

人によって、日焼け止めのテクスチャーが苦手という人もいます。そうすると、無意識のうちに日焼け止めを塗る量が少なくなってしまうことも。

日焼け止めを顔に塗る場合、適切な量となるのが500円玉1個分!日焼け止めを塗るときは、ケチケチせずにたっぷりとおしみなく使うことがポイントです♪

日焼け止め

2~3時間おきに塗り直す

日焼け止めを一度塗ったら、ずっとそのまま…という人は多いですよね。しっかり日焼け止めを塗っても、時間が経つと汗などで落ちてしまうので、UVカット効果は下がってしまいます。しっかり紫外線ケアをするためには、2~3時間おきに塗り直すようにしてくださいね♪

冬や曇りの日も日焼け止めを使おう

日差しの強い夏だけ、プールや海水浴などレジャーのときだけ、日焼け止め使うという人も多いですよね。紫外線は夏だけでなく、冬や曇りの日でも降り注いでいます。少し面倒ですが、ふだんのスキンケアに日焼け止めをプラスするようにしましょう。

まとめ

紫外線対策に使われる日焼け止めですが、数値が高いほどUVカットするというわけではありません。日焼け止めの必要な状況に合わせて、適切なものを選びましょう♪

オブジェからオススメ♡

オブジェは、お客様の髪や肌を1番に考えた上で、お客様のライフスタイルに合わせた 美容アイテムのみを提供させていただいております。夏に向けて、髪のUVケアが気になる方はぜひ、スタッフまで何でもご相談ください♡

2018年夏のUVケアはコレで決まり☆オススメ美容アイテム3選

 

Shop List